電力を供給できる

模型を持つ人

年収に合わせた価格帯

近年話題の、ゼロエネルギーハウスに積極的に取り組む業者が、横浜市では目立ちます。屋上や屋根に、太陽光発電ができるパネルを取り付けて自家発電できるため話題になっています。その電力をガスや電気に充てられるため、自家消費が可能なのです。余剰電力がある場合、電力会社に売却することが認められているので、年間の収支がプラスになることもあります。ムリな節約をしなくても、快適な生活が送れるため、お客様とハウスメーカーの双方から脚光を浴びています。ゼロエネルギーハウスは、最新の注文住宅で太陽光発電だけではなく、耐震性にも優れているため安心です。横浜で展開しているメーカーには、資金計画からアフターサービスまで一貫体制を敷いているメリットがあります。そのため、工事利益やなどの雑費を気にすることなく注文住宅を建てることができます。見積もり段階ではっきりと価格を提示してくれるので、安心して任せることができます。世帯年収に応じた注文住宅が建てられることも、横浜市ならではのメリットです。プランナーがお客様の希望する価格帯をお聞きし、コスト内で施工可能な注文住宅を提示します。設備やデザインなど、お客様が求める機能性のみを採用するため、あらゆる方面からコストを削減できます。横浜という、土地性に着眼したハウスメーカーも多く、注文住宅の建設ラッシュが進んでいます。丘陵地や海を眺められる家など、眺望やロケーションに優れた環境の中で暮らすことが人気です。